リフレクソロジーの効果

エステで行われる施術の中にリフレクソロジーがあります。
リフレクソロジーは反射療法とも呼ばれています。
リフレクソロジーは足の裏などの特定部位を強く押すことによって治療を試みる方法です。
リフレクソロジーの発症はアメリカで、手術中の患者が手足を強く押さえつけることからヒントを得ました。
後にこの行為は痛みを和らげる効果があることが立証され、リフレクソロジーの基礎となりました。
その効果に関しては様々な議論が行われ、確実な効果を期待することはできませんが、少なくともリフレクソロジーによるリラックス効果を得ることは可能となっています。

日本において、マッサージに関する明確な定義はないが、無資格者がマッサージを行うことは法律で禁止されています。
つまり、リフレクソロジーは資格を有した者しか使用することができないスキルであるので、安心して施術を受けることが可能です。
また、リフレクソロジーは国によってその使用方法も異なってきます。
イギリスにおいては特にホスピスなどでの緩和ケアに使用されていますし、台湾で使用される足つぼマッサージは健康の増進に使用されています。

しかし、いずれの施術もアメリカのリフレクソロジーが元になっています。
リフレクソロジーの効果は人間の治癒力を回復させることにあります。
本来持っている治癒力を回復させるものですので、危険性も少なく、また継続的な施術によって長期にわたる効果を期待することが可能です。